保健・医療(4)ダイエットの継続率を上げる「ほめるプログラム」

以前、保健・医療(2)特定保健指導とアウトソーシングで取り上げた「はらすまダイエット」のことをNHKニュースが取り上げていた。 <健康を守る都市> 最初の仕組みは、健康を守る都市づくりといった壮大なしくみの話? 万歩計などの情報を街中に設置された専用情報端末にインプットして健康を管理するという。大学発ベンチャー企業の株式会社つくばウエ ルネスリサーチのプロジェクト。以下長~いキャプション…

続きを読む

保健・医療(2)厚生労働省e-ヘルスネット

厚生労働省は2005年度から健康増進総合支援システムの開発をスタートさせ、2008年4月からの特定保健検診・指導に合わせて「e-ヘルスネット」をプレオープンの形で公開してきたが、5月12日に「インターネット健康診断」「メタボリック症候群改善サービス」が稼働し本格スタートとなった。「メタボリック症候群改善サービス」は、検診などで生活習慣の改善が必要だと診断された場合、専門家(医師、保健師、管理栄養…

続きを読む

保健・医療(2)特定保健指導とアウトソーシング

特定保険指導における「アウトソーシング・ニーズ」を予測した企業の動きが活発化している。以下は、その一部。WEB上で確認できるものをリストアップしてみた。 <旭化成「げんき!食卓 コンシェルジュ」「げんき!家族応援団」> http://shoku365.com/ 「げんき!家族応援団」は、社団法人日本栄養士会(会長:中村丁次氏)が全国の都道府県栄養士会と展開している「栄養ケア・ステー…

続きを読む

保健・医療(2)メタボリックシンドロームとは

日本の「メタボリックシンドローム(代謝症候群)」の診断基準(男性85センチ、女性90センチ以上:内臓脂肪の面積に対応する値)について、見直しの動きが出てきている。もともと基準が発表された当初から疑問視する声も多かったが、5年10年単位での調査や疫学的な知見も必要なため、まだまだ見直しや改善は続くはず。 <メタボリックシンドロームの歴史> メタボリックシンドロームの概念は、1988年、…

続きを読む