デジタルパブリシング★考

アクセスカウンタ

zoom RSS eラーニング(6)草の根eラーニング・システム

<<   作成日時 : 2010/05/23 16:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

以前、eラーニングがどのように利用されているのかを調べたときに、経済産業省と文部科学省が中心となったプロジェクトで「草の根eラーニング・システム」というものが気になったが、ちょっと調べてそのままになってしまった。最近また気になって閲覧しようとしたら閉鎖していた。
画像

最近の事業仕分けにでも引っかかって廃止になったかと思ったのだが、どうやら実験的に2005、6年に行われたものらしく、すでに終了していたようだ。

<あらめて「草の根eラーニング。システム」…。>

誰でも場所や時間を選ばずに、職業能力向上のための学習をすることができる学習支援システム。e-ラーニングを活用したサービスで、特にフリーターなどの若年者や企業から人材育成投資を行われていない正規・非正規社員などに対して、能力向上のチャンスを拡大することを目標としていたのが「草の根eラーニング・システム」。

「草の根eラーニングシステム」のサイト(廃止)
http: //kusanone.nime.ac.jp/index.php

内閣府、厚生労働省、文化科学省、経済産業省による「若者自立・挑戦戦略会議」(2003年4月に発足)がまとめた「若者自立・挑戦プラン」の具体案として2005〜6年に実施された「eラーニングによる人材育成支援モデル事業」と呼ばれる事業の中心が「草の根eラーニング・システム」。各省それぞれのプロジェクトを行ったようだ。
画像


<経済産業省によるプロジェクト>

【経産省】「草の根eラーニング・システム整備事業」 モデル事業のサービス開始について
2005年に行われた5つの委託事業の内容や当時のパンフレットが紹介されている。
http://www.meti.go.jp/press/20050920004/20050920004.html
2005年に行われた4つの委託事業の概要が紹介されている。
http://www.meti.go.jp/press/20060622001/20060622001.html

【経産省】草の根eラーニング・ポータル(廃止)
http: //www.g-learning.jp/

【経産省】「若者自立・挑戦のためのアクションプラン」に基づく経済産業省の取組について
http://www.meti.go.jp/topic/data/e41112bj.html

<文部科学省のプロジェクト>

文科省は、北海道、岩手、埼玉、富山、佐賀の5つのモデル地域のコンソーシアム(教育委員会、大学等の教育機関、ジョブカフェ、NPO等で構成される協議会)が開発した、学生・フリーター等の若年人材を対象とした、地域の課題などに対応する「職業意識の向上」の学習コンテンツを搭載し、学習者の登録・認証や学習履歴の管理などを行った。

【文科省】文科省の学習コンテンツ提供チャンネル「エル・ネット」に「公開講座草の根eラーニング」があり、特別な手続きなしにさまざまなコンテンツを閲覧(学習)できる。
http://www.elnet.go.jp/elnet_web/p_OndemandContentSelectChannel.do

画像


【文科省】当時の「eラーニングによる人材育成支援モデル事業」公募要綱
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/17/05/05051003/001.htm

【文科省】文科省における若者自立・挑戦プランへの取組について(2004)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/special/vision/life/03/item1_2.pdf

【文科省】北海道教育委員会のサイトに残されているページ。
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/sgg/eli/kusane.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
eラーニング(6)草の根eラーニング・システム デジタルパブリシング★考/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる