2次元バーコード(1) QRコード

携帯電話には、URLを入力する代わりに2次元バーコードを読み取る機能があってとても便利だ。
画像
ところで、仲間と話していて「2次元バーコード」と言ったら「んっ、キューアールコードでしょ?」と言われた。

<まず、そのQRコードとは何か?>

QRコードは、株式会社デンソーウェーブ (開発当時は株式会社デンソーの一部門)が開発し、1994年に発表した2次元コードの登録商標。その由来は「Quick Response」の頭文字からとったという。QRコードがこれだけ広がったのは、当時のデンソーが特許権などを主張しなかったこと。それが国際規格にまで広がり、今やQRコードは世界中でさまざまな目的で利用されている。

<QRコード大事典>

QRコードや2次元コードのことなら株式会社デンソーウェーブのQRコードサイト。このサイトは事典級の詳しさ。そしてとてもわかりやすい。
http://www.qrcode.com/

参考に。QRコードの読み取り装置のトップメーカーは「メディアシーク」
http://money.quick.co.jp/kabu/toresen/77.html

<あらためて2次元コードとは>

横方向にしか情報を持たない1次元コード(櫛の歯のような形のバーコード)に対し、水平方向と垂直方向に情報を持つ表示方式が2次元コードだ。。
2次元コードは、バーコードに比べ、より多くの情報を収納しつつ印字面積を小さくできるのが特徴。
小さな正方形を上下左右に配列させたマトリックス式と、1次元バーコードを上下に複数重ねたスタック式がある。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック