デジタルパブリシング★考

アクセスカウンタ

zoom RSS eラーニング(4)企業研修とブレンディッド・ラーニング

<<   作成日時 : 2008/05/09 11:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

<ブレンディッド・ラーニング>

最近の企業研修では、研修にeラーニングを組み合わせたフォロー型研修が増えてきている。
この組み合わせを「ブレンディッド・ラーニング」と呼ぶ。それ自体は特に目新しいものではないが、従来は自習教材、あるいは郵送型の通信教育で行われていたアフターフォローをeラーニングで行うのが特徴といえる。
学習の動機付けやスキルの習得は集合研修で、知識の習得はeラーニングで、という集合研修+eラーニング及び通信教育を組み合わせたブレンド型の研修だ。研修教育を提供しているビジネスでは、特に汎用的な人材教育の商品価値が低下している。そのため、従来からある研修に、eラーニングパッケージを組み合わせて付加価値を高めている。
といっても、研修市場の伸びに対し、それぞれの研修単価は横ばいか下降気味のいま、ブレンディッド・ラーニングにしても従来の研修予算+若干の費用アップが見込める程度なのが厳しい。

画像


いずれにしても、研修をフォローするシステムは無いより有った方がいいわけで、研修を依頼する企業はブレンディッド・ラーニングを採用する方向にある。

以下は、株式会社リクルートマネジメントソリューションズのHPにある「人材開発におけるeラーニングの活用(ブレンディッドラーニングのススメ)」
http://www.recruit-ms.co.jp/issue/feature/kaihatsu/200505/

日本能率協会グループによる月刊「人材教育」(発行:株式会社JMAM人材教育)の目次(目次のみ・記事閲覧無)
http://www.jmam.co.jp/jinzaimm/backnumber/2007/08/index.html


<eラーニングの有効性>

本来、eラーニングは対面教育を補完するには有効な方法である。また、学習目的が明確で、学習内容も限定している集合研修はeラーニングにとって、最も効果を発揮しやすい環境といえる。
まず、多くの企業の導入パターンは、Webテキストとテストといったeラーニングを組み合わせたブレンディッド・ラーニングだ。とりあえずeラーニングを組み合わせてみましたといったレベルである。このレベルでさえも、印刷教材やテストの配布や実施、採点・評価、あるいはコストを考えると、なかなか導入できなかったが、eラーニングならアウトソーシングができ、さらに安くつくのでメリットは大きい。
少なくとも、ブレンディッド・ラーニングの導入によって、(悪く言えばやりっぱなしの)集合研修のスタイルが大きく変わるに違いない。

<ブレンディッド・ラーニングはeラーニングの開発コスト回収のため?>

もちろん、eラーニングであろうと、教材のクオリティーはいうまでもない。
ブレンディッド・ラーニングの肝はeラーニングだが、集合研修との学習リンク(カリキュラム構造)がどのようになっているかに気を付けたい。既にeラーニング商品を持っている研修教育企業が、eラーニングの活路を見いだすために「研修+eラーニング」商品をアピールしている傾向がある。「eラーニングでは商売にならなかったので研修の付加価値アップ用にとりあえず付けてしまおう」という発想だ。
“使えなかったeラーニング"を持ち込まれた受講者はいい迷惑かもしれない。eラーニングなどを使わずに、テキストや市販の本でも読んでいれば済むような内容のものがある。印刷物を2次コンテンツ化したeラーニングでは、「e」らしさを演出するためのインタラクティブ機能が学習の邪魔になる。

<継続性とモチベーション退行阻止がeラーニングの永遠のテーマ>

また、eラーニングの関しては、個別対応システム、学習促進、質問システムなどが考えられているかが、導入に際しての選択基準になる。自宅学習、自習の継続性、モチベーションのフォローに対する配慮のないeラーニングは学習以前に、苦痛でしかない。まあ、そんなeラーニングの例は少ないとは思うが…。

eラーニング、そしてブレンディッド・ラーニングにしても優れたものがあるし、開発も進んでいる。またぞろ悪貨良貨の関係が持ち込まれないように期待したい…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
eラーニング(4)企業研修とブレンディッド・ラーニング デジタルパブリシング★考/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる